オーロラ オンラインストア

ちょっとくらいが、ちょうどいい。

オーガビッツ。地球のために、ちょっと良いこと。

  • ORGABITS MAGAZINE
  • オーガビッツのこと

    ORGABITS MAGAZINE

    オーガニックコットンを通して、みんなで”ちょっと(bits)”ずつ地球環境に貢献しようという想いから2005年に始まった豊島株式会社の「オーガビッツ(ORGABITS)」。

    私たちが変わらず取り組んでいる”ちょっと”は、オーガニックコットンの普及により有機農地を拡げ、環境汚染を改善していくこと。世界中の綿花のわずか1%しかないオーガニックコットンの割合を10%にしようというのが私たちの目標です。

    オーガビッツは、日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクトに成長しました。オーガニックコットン100%にこだわらず10%の商品を100倍の人に届けるという「逆転の発想」です。

  • まずはコットンについて考えてみた。

    私たちにとって最も身近な素材のひとつ、コットン。 使い勝手がよく、心地よい肌触りのコットンは、私たちの暮らしに欠かせないものです。

    コットンの原材料である綿花は、インド・中国・アメリカなど広大な土地を持つ国を中心に、世界各地で生産されています。綿花を効率よく栽培するために、綿畑には大量の除草剤や殺虫剤、化学肥料が使用され、収穫の際には落葉剤を散布して機械で素早く刈り取る、という方法が一般的です。

    しかし、そうした栽培方法は、土壌の汚染や農場で働く人びとの健康被害、薬品を購入するための農家の負担など、深刻な問題を引き起こしているのです。 綿花栽培に使用される農地は、全体の3%程度ですが、世界中で使用されている農薬の5.7%*が綿花栽培に使用されていると言われています。

    *出典:A review of pesticide use in global cotton production Revised June 2018(PESTICIDE ACTION NETWORK UK)

  • オーガビッツの考え方。

    オーガニックコットン、10%を100人に。「オーガビッツ(ORGABITS)」という名前には、「オーガニックコットンを通して、みんなでちょっと(bits)ずつ地球環境に貢献しよう」という思いが込められています。地球にも人にもやさしい農法で生産されるオーガニックコットンですが、世界中の綿花の生産量の、わずか1%にも満たないのが現状です。通常の栽培方法よりも大変な手間をかける分、比較的高価になるためです。

    「オーガビッツ」の目標は、コットン全体の1%に満たないオーガニックコットンの割合を、10%にしようということ。そのためには、オーガニックコットンをもっと手軽に、たくさんのひとに届けることが大切だと考えます。「オーガビッツ」の製品は、100%オーガニックコットンであることにはこだわらず、ファッション性にも妥協しません。オーガニックコットンの混率を10%から設定することができ、ウールなど他の素材と組み合わせることができます。100%オーガニックコットンのものを1人に使ってもらうよりも、オーガニックコットンを10%使用したものを100人に使ってもらうことで「地球のために、ちょっと良いこと」の輪が広がります。

    オーロラの考え方。

    オーロラ株式会社はサスティナブルな社会を目指すべく、様々な取り組みを進めています。その中でオーガニックコットンも積極的に使用しておりましたが、ORGABITS(オーガビッツ)プロジェクトの環境や社会へ活動する団体への支援等に深く共感し、取り組ませていただくことになりました。オーガニックコットンの普及により有機農地を拡大させて環境汚染を改善する。もっとオーガニックコットンを沢山のお客様に使っていただきたい思いとも重なりました。

    幅広い層にORGABITS(オーガビッツ)のコンセプトと長年培ってきた技術や機能等の付加価値を打ち出し、クオリティの高い商材を提案いたします。持続可能な社会への一歩として、ORGABITS(オーガビッツ)プロジェクト拡大に努めます。

MOVIE

洋品

帽子

ORGABITS is the answer. - だからオーガビッツ。
オーガビッツ商品1枚につき1円の寄付。
オーガビッツを使用した商品には、オリジナルのタグがついています。このタグ1枚につき1円が寄付され、インドのオーガニックコットン農家支援など、オーガニックコットン普及のために役立てられます。

また、オーガニックコットンの普及以外にも、入院中の子どもたちに笑顔を届けるクリニクラウンプロジェクト、震災被害にあった南三陸で桜並木をつくるLOOM NIPPON SAKURA PROJECTなど、環境によいこと・社会によいことのために活動する団体を支援しています。これらの活動に共感していただけるブランドの製品にタグをつけ、プロジェクト毎に主宰者に寄付しています。

賛同ブランドは現在130を超え、オーガビッツのコットン製品は、年間100万点にのぼります。